So-net無料ブログ作成
アート・文化 ブログトップ
前の10件 | -

江東区倫理法人会創立20周年記念式典 [アート・文化]

7月29日(日)亀戸アンフェリシオンで開催された20周年
式典に参加した。私は弟会の「江東西」に所属しているが
交流は数多い。午後3時からの記念講演の後、懇親会
へ。多くの人が参加され、「まさしく継続は力なり」と感激
した。「江東西」もそろそろ10周年。兄会のように会員
増強目指して、息の長い会にしたい。(写真は江東西
毎週土曜のモーニングセミナーの朝食)
moninngu.jpg

川せがき、灯篭流し [アート・文化]

7月25日(水)江東区小名木川畔の高橋で「川施餓鬼」
の合同法要が行われた。深川の宗派を超えて、小名木川
に「灯篭」を流して故人を忍びました。「関東大震災」
「東京大空襲」「東日本大震災」の被災者と各家庭の
先祖代々の名を書いて、灯篭流しをします。毎年この
暑い時期に開催されます。一般の方々の列は高橋を超えて
延々続いていました。川辺に映る光が綺麗でした。
私は3回忌の父、12回忌の母に祈りを捧げました。

kawasegaki.jpg

深川体験ワールド [アート・文化]

7月22日(日)江東区森下文化センターで「深川体験
ワールド」が開催された。4階建ての建物すべてを使って
子供の昔遊びの「けん玉」「ベーゴマ」「紙相撲」「折り紙」
「のらくろ上映会」他、日本の伝統職人さんが集まって
体験コーナーなど。和室では「深水流日本舞踊体験」には
家元の朝岡雪路さん自ら指導。77歳とは見えない若さ
でした。

taikennwarudo.jpg

日本橋文化交流会 シンポジウム [アート・文化]

7月18日(水)この会は粋な大人の集まりで、薫り高い
江戸文化を勉強しています。会場はコレド室町裏の
伊波扇ビル、講師は森治郎氏、テーマは「江戸の不思議
コミュティ」です。身分にかかわらず、生活を楽しむ文化人
がたくさんいたことを学んだ。現代より、江戸時代のほうが
本当に楽しそうです。会費2000円は安い。


nihonnbasi.jpg

明治丸と海の日 [アート・文化]

7月16日(海の日)、今日は明治天皇が船に乗って
全国巡幸され、青森から横浜港へ帰港された日です。
その明治丸が江東区越中島の「東京海洋大学」にあり、
校内で「明治丸シンポジウム」が開催された。船運の
活用と防災問題がテーマです。防災と明治丸を繋げる
のに、やや無理がありますが、シンポジウムは大変
に勉強になった。その後、レセプションでさらに楽しい
海の話で盛り上がった。

臨海小学校 盆踊り [アート・文化]

7月15日(日)本日最後の顔出しが、盆踊りです。
会場は臨海小学校ですが、主催は地元町会の連合
です。夜になって幾らか、涼しくなってきましたが、
浴衣で踊る婦人部の方は大変ですね。私はこれが
第1回目の盆踊り顔出しです。


bonnodori.jpg

スイカ割大会 [アート・文化]

7月15日(日)地元の白河3丁目、主催の西瓜割大会
に参加しました。町会主催で、都会の真ん中の道路で
西瓜割は珍しい光景となりました。子供たちは楽しみながら
西瓜を食べています。割ると四分の一西瓜がもらえるので、
お母さんも必死です。柿沢未途衆議院議員も参加しました。


suikawari.jpgsuikawari.jpg

少年サッカー、レインボー杯閉会式 [アート・文化]

7月15日(日) 江東区立明治小学校でレインボー杯の
閉会式に参加した。私が顧問をしているFCレインボーズ
主催の低学年を対象とした大会です。低学年大会は
少なく、貴重な大会です。今年は江東区の五砂小の
優勝でした。天気は猛暑、けが人も出ず無事に終了。
みんな礼儀正しく頑張っていた。役員の皆さん、二日間
ご苦労さまでした。

renbou.jpg

明治天皇玄孫、竹田研究会に参加しました。 [アート・文化]

6月11日(月)夜7時から、半蔵門PHPビルにて
竹田研究会の定例勉強会に参加しました。
講師は明治天皇の玄孫、旧竹田の宮、慶応大学
憲法学者の竹田恒泰氏。私は会員でここで、
「古事記」の勉強をしています。現在の会員は
全国で3000名います。東京会場だけは月2回の
講義があります。今回は「ご崩御された寬仁親王殿下」
の話を中心に講義があり、「ひげの殿下」の
人柄がよくわかり、大変に勉強になった。

七渡神社例祭に参列しました。 [アート・文化]

6月17日(日) 地元の富岡八幡宮に鎮座している
七渡神社例祭は毎年6月17日に行われている。
古くから七渡弁天として、弁舌・智恵・財福・音楽
などにご利益があるといわれています。今日は
日曜日にもあたり、大勢の参拝客となった。
祭典後、直会に参加し、お供物としてお砂糖と
生卵を頂いた。勿論、名入りのお札も頂いた。


nanawatari.jpg
前の10件 | - アート・文化 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。